犬の目は、口ほどに物を言う

  • 2018.11.08 Thursday
  • 01:21

JUGEMテーマ:わんこ

 

 

 

皆さん、こんにちわ〜!

 

ドッグカラーリストのmanicoです。

 

 

 

    鴨川の芝生に馴染んでいるハンナさん。

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは、

 

愛犬と1日に何回くらい、目が合いますか〜?

 

 

 

 

 

 

 

自分で聞いておいて、いざ1日に何回?....って考えると。

 

 

 

うぅーーん。。?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中だけでも、

 

 

 

おはよーのとき(隣で寝ているので、どちらかが起きたら先に起きたほうが寝ている方を起こすのが最近の定番)から、

 

 

 

朝ごはんのとき、

 

 

お散歩のとき、

 

 

わたしが仕事に出かけるとき、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

すべてのシチュエーションで、目が合っているんですけど!

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてみると

 

 

1日に幾度となく、ハンナと目を合わせて会話というか

 

コミュニケーションをとっているのですよね〜。。

 

 

 

 

 

 

 

愛犬たちと暮らす皆さんも、きっとそうですよね。

 

 

 

 

 

   本日の京都は秋晴れ。ぽかぽか陽気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

犬は”ことば”を話せません。

 

だからといって、私たち人と意思疎通ができない訳ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの飼い主さんが知っているように、

 

 

犬に気持ちは伝わっているし

 

 

犬だって自分の気持ちを伝えてきます。

 

 

 

 

 

 

実際に”ことば”はなくても、

 

犬ってとても表情豊かに語りかけてきますよね〜♩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬と一緒に暮らす私たちは

 

日常のいろんな場面で、愛犬と目と目を合わせて会話しているんですよね!

 

 

 

   

 

 

 

 

 

”ことば”を使わないかわりに

 

 

犬は、私たち人と視線を用いたコミュニケーションがとれるように進化したんですって〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人と犬の目の構造はとても似ているそうです。

 

 

 

 

 

私たちの目は、

 

白目と黒目のコントラストがはっきりしているので

 

例えば、人が何を見ているのか視線を追うことができます。

 

 

 

目の前の人が右側の窓に視線を送ると、自分もその窓に目を向けることができるのは

 

白目と黒目のコントラストがあるからなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より私たちと近い種のチンパンジーでさえ

 

ほぼ全てが黒目だそうですが、

 

 

 

なんと犬たち(オオカミも)は、

 

白目、黒目がはっきりとわかるんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共同生活をする動物(人間・犬(オオカミ))にとって

 

 

 

視線を追跡する行動は、

 

お互いの考えや意図を理解するためにとても重要なんですね。

 

 

一緒にご飯を食べ、狩りをし、

 

助け合う際にはその意図の理解をするのに必要不可欠だったんです。

 

 

 

 

これは

 

種の違う人と犬の場合にもあてはまるそう!!(以前の記事「犬と共に進化!」)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学の研究機関の実験では

 

 

 

二つの箱のどちらかにおやつを入れ、おやつが入った方の箱に視線を送って合図を出すと

 

 

 

犬はそれを理解し

 

 

 

視線の先にあるおやつが入った箱を高確率で選ぶという結果も出ています。

 

 

 

 

 

同じ実験をしたチンパンジーで60%の正解率。

 

 

犬はなんと!

 

80%の正解率だったとの事ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか、すごくないですか。

 

犬!

 

君たちってやつは。。!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

科学的な側面でみても、

 

 

犬という動物は

 

人と視線のコミュニケーションがとれる、特別な動物なんですね。

 

 

 

    帽子をかぶっている風。ww

 

 

 

一緒に暮らし、

 

当たり前にしていた愛犬とのアイコンタクト。

 

 

 

 

 

 

 

愛犬と目が合うと、

 

なんだか気持ちが通じ合っているような気になっていませんでしたか?

 

 

 

 

通じ合っているような気ではなく

 

通じ合っている。のかも、しれませんよね♡

 

 

 

 

 

 

       参考文献:岩波書店「犬のココロをよむ 伴侶動物学からわかること」菊水健史・永澤美保

 

 

        

                                  犬とわたし社manico.

                                                                  http://www.dogandme.love

                                         

 

コメント
コメントする